2021.12.07
# 不動産

高級マンションで「粗大ごみ放置」が大問題に…「犯人探し」の最中に起きた残念なトラブル

防犯カメラはすべてを見ている

私はマンション管理士をしています。いろいろな管理組合で顧問をしていますので、マンションにまつわる様々な問題に遭遇いたします。今回は防犯カメラにまつわるお話をしたいと思います。

現在では、ほとんどのマンションに防犯カメラが設置されていることと思います。出入口のみならず、敷地内のあちらこちら、もちろんエレベーター内にも設置されているところが多いでしょう。

もしカメラの周辺などに「防犯カメラ作動中」というステッカーが掲示されていたら、それをもって住民が設置を承認しているということになります。

〔PHOTO〕iStock
 

最近のカメラの性能は非常に向上していて、人物の特定がはっきりでき、また記録の映像も1ヵ月以上は自動保存できるようになってきています。

防犯カメラは、マンションの住民のためばかりでなく、付近の防犯にも役に立つものです。

実際に、時々、警察から防犯カメラの記録映像を見せてほしいと依頼されることがあります。マンションの前の道路を容疑者が通行していないかなど確認したいということが多いです。

そういう時には「捜査関係事項照会書」という書類を持ってきます。持っていない場合には、提出していただかないと警察だからと言ってもむやみに見せられませんとお断りします。また、映像をコピーして持っていく場合には、その旨の書類も提出していただくことになります。

関連記事