「新庄ツイート」から見えること

「来年シーズンが始まり 僕と一緒に戦って行く 選手全員を1回は あの大歓声の1軍のグランドに 立たせる事をここで約束します。その一瞬のチャンスを物にした選手こそ、スターに育て上げる第一歩となります」(新庄剛志Twitter=11月5日

@shinjo_freedom

全員にチャンスがあることをここで告げ、選手たちの「線条体」を刺激。やる気を引き出す。

「オープン戦で選手達で オーダー 監督を決め どうやって勝つのかを自分達で考えさせるプランを考えています」

@shinjo_freedom
 

11月25日にはこうツイート。先発メンバーや戦い方はもちろん、その試合の監督までも選手たちが決めるプランを検討していると発信した。選手たちに、自ら考え、主体的に動く意識を高めていこうとする姿勢が垣間見えた。

-AD-

すでに新庄効果が出始めている。
秋キャンプで新庄監督は、今季結果の出なかった清宮幸太郎選手に対し「体重を少し落としたら?」と提案したそうだ。清宮選手は「体重を落とすと球が飛ばなくなる気がするんです」と自分の意見を言った。すると「今でも大して飛んでないよ」とズバッと言った。続けて「ちょっとデブじゃね? ちょっと、やせない? 昔の方がスリムじゃなかった?」と言ったそうだ。ところが、この人が言うときつく聞こえない。嫌味にもならない。

しかも「体絞らないともっと打てなくなるぞ」などと脅さずに、「やせた方がモテるよ。格好いいよ」とうまくノセている。ただし、話の最後に重厚な言葉を足している。

「ダイエットは精神的にも鍛えられるぞ」と。

2017年ドラフト1位で入札の末日本ハムに入団した清宮幸太郎選手。もともと能力の高い選手が新庄効果で花開くことができるのかも注目だ Photo by Getty Images