1000匹の犬を劣悪な環境で繁殖、史上最悪の虐待

「長年、動物虐待の実情を見てきましたが、今回の事件は、事業者が犯したものとして、私が知る限りの最大最悪の虐待事件。とても人間がすることとは思えない、悪魔の所業だと思います」

杉本さんが怒りを抑えられない前代未聞の事件とは、11月末、繁殖業者二人が再逮捕された長野県松本市の事件だ。

-AD-

事件の概要は次の通り。 

販売用の子犬を繁殖させるために、2ヵ所の施設で合計約1000匹もの犬を劣悪な環境で飼育し、病気の犬に適切な治療を受けさせなかったなどの虐待を続けていたとして、長野県警は11月4日、同県松本市で繁殖場を営む会社を経営していた社長と社員の男の2人を動物愛護法違反(虐待)容疑で逮捕した(11月24日に再逮捕)。

これに先立ち、県警は9月2、3両日に2か所のうちの一つである約450匹を飼育する施設に家宅捜索を実施。そこでは4段〜6段に積み上がった狭いケージに複数の犬が入れられ、糞尿が大量に放置されるなど、不衛生な状況も確認された。中には、乳腺に腫瘍があったり、子宮にうみがたまったり、失明したりしていた犬が58匹いたという。同社はさらに別の場所でも約490匹の犬を飼育しており、合計約1000匹という数は、ペット業者としては全国的にも例を見ない多頭飼育である、と業界関係者は語る。

この繁殖場については、松本市保健所も県警の家宅捜索と同じ日に動物愛護法に基づく立ち入り監査を実施。環境省が定める適正な飼育に必要な基準が守られていなかったとして、10月に文書による勧告をして改善を求めていた。市や関係者によると、立ち入り監査の後に約1000匹の犬の大半が埼玉県内の関係業者に移送されたという。

長野県松本市の繁殖場だった現場の外観。廃墟のようなこんなにも不衛生な場所で繁殖、飼育、手術などが行われていたことに驚愕する。写真提供/公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

「この事件については当協会Evaでも告発状を提出し、9月14日に受理されていました」と杉本さんは話す。