あとを絶たない動物虐待のニュース

動物虐待のニュースがこのところ相次いでいる。子猫を浴槽で無理やり泳がせる、猫を燃やす、壁に叩きつける……、文字にするだけでもぞっとするこういった虐待行為をSNSでアップし喜ぶ者たちがいる。

-AD-

しかし、「こういった行為は今に始まったことではない」というのは、『公益財団法人動物環境・福祉協会Eva』を主宰し、長年動物愛護の問題と向き合っている女優の杉本彩さんだ。杉本さんの団体には、内部告発やSNSで映像を見たという人まで、虐待事例の相談が以前から多かったという。

本当にどれも耐えがたい内容です。でも、この行為を行っているのは私たち人間です。虐待を止めるには、まず現実を知って、私たちの意識を変えていくしかないと思うのです」と杉本さんは言う。

お話しいただいた内容はショッキングな内容も多かった。でも、多くの方にこの問題の深刻さを知ってほしいと思い、お話しいただいたままをリアルに全3回でお伝えする。

第1回目の今回は、杉本さんが「史上最悪の動物虐待」と称した長野・松本市の事件を取り上げる。

写真提供/公益財団法人動物環境・福祉協会Eva
杉本彩さん 女優、作家、ダンサー、実業家、リベラータプロデューサー、公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長。 2014年「一般財団法人動物環境・福祉協会Eva(現・公益財団法人)」を設立し、理事長になり、動物愛護活動に力を注ぐ。『動物たちの悲鳴が聞こえる – 続・それでも命を買いますか?』(ワニブックスPLUS)、『動物は「物」ではありません! 杉本彩、動物愛護法“改正"にモノ申す』(法律文化社)などの著書もある。

※途中、犬猫の虐待の描写があります。