FRaU2021年12月号で一冊丸ごと特集した徳島県。サステナブル先進県である徳島のさまざまな取り組みを紹介しました。そこでサステナブルな旅をするなら、宿にもこだわりたい!ということで、おすすめの宿泊施設をご紹介。海で、山で、川で、さまざまなアクティビティができるユニークな宿ばかり。一人旅にもぴったりです。

#1 徳島県三好市のおすすめ宿はコチラ

#2 徳島県美馬市のおすすめ宿はコチラ

-AD-

グランピングで海も山も満喫
「snow peak glamping
TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」

客室はすべてオーシャンビュー。ラグジュアリーな空間で自然を感じる時間は、日々の疲れを癒やしてくれる。

日峰山や小松島湾など豊かな自然に囲まれた環境の中で、開放感あるステイを楽しめる体験施設。プライベートビーチでのSUP体験やトレッキングなど、海と山両方の遊びを楽しめるところが魅力だ。

海と山に囲まれた自然豊かな環境。さまざまなアクティビティが宿で予約できるので便利。

アクティビティに疲れたら、各部屋の海に面したデッキで波の音を聴きながらゆったり過ごすのもいい。

夕食はウッドデッキでバーベキューを楽しむこともできる。

地産地消をテーマにしたレストランがあり、徳島の食材を堪能できるのもうれしい。

snow peak glamping TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA
小松島市中田町字東山95-3
☎0885-38-6556

ノスタルジックな廃校ホステル
「ハレとケデザイン舎」

〈ハレとケ珈琲〉では、カウンターやテーブル以外、教室をそのまま利用している。

祖谷の入り口に位置する旧出合小学校を改装したホステル。1階にある〈ハレとケ珈琲〉では、こだわりの自家焙煎コーヒーやカヌレなどのスイーツ、ジビエのピッツァなどをいただける。

教室を町に見立て、家の形のベッドが6台設えられたベッドルーム。ベッドがなく、寝袋などを持ちこんで利用する部屋もある。

建物には、卒業生が壁に描いた絵や、実験用のフラスコなどのなつかしいアイテムが残っていて、子どもの頃に戻ったかのようなノスタルジックな気分に浸れそうだ。

晴れた日は校庭のウッドテラスが気持ちいい。子ども時代を思い出して思い切り体を動かそう。

かずら橋や天然かけ流し温泉などへのアクセスがいいのもポイント。

ハレとケデザイン舎
三好市池田町大利大西15 旧出合小学校
☎0883-75-2208