ViViモデルの藤田ニコルさん(23)が、最近どんどん大人っぽくなっていると話題だ。テレビやCMで引っ張りだこなだけでなく、インスタグラムのフォロワー420万人、Twitterは271万人、YouTubeは75万人とSNSでも絶大な人気を誇り、老若男女問わず多くのファンから支持されている。

YouTubeでは最近購入した愛車のベンツなども公開している。自分が働いたお金で好きなものを買う。そんな姿に共感し、「私もにこるんみたいな大人になりたい」「にこるんみたいな生き方が憧れ!」と、自立した生き方を目指すファンが多いという。ともすれば嫌味になってしまうような高額な買い物でも、ファンが憧れて「にこるんみたいになりたい」と思わせる魅力とは一体なんなのか。ファンからの共感度が高い理由を知るために、藤田さんご自身に取材しました。

藤田ニコル・オフィシャルインスタグラムより
-AD-

17歳で家族をハワイに連れて行った

いままでは若い世代の代表、といったイメージが強かった藤田さんだが、最近ではSNSでも「藤田ニコルみたいな大人になりたい!」というコメントが多い。自分自身で「大人になったな」という感覚はあるのだろうか。

「私も来年2月には24歳。もうリアルに大人ですからね(笑)。私の大人の定義は“自分で稼げるようになること”なんですが、そういう意味では高校2、3年生の頃から、すでに大人の意識はありました。少しずつ名前が売れるようになって、親孝行をしたり、家族も養えるようになって。もちろん、お母さんも働いていましたが、うちにはお父さんがいないので、『私がお父さんの代わりにならなきゃ』という気持ちでしたね。当時、弟とお母さんをハワイに連れて行ったんですが、そのときに『私、大人になったなー』としみじみし感じました。

最近は、もっと自立したいなと思い、いろいろと社会の制度に関する勉強もはじめました。いままでは手続きに関するような書類をみても難しくて何も理解ができなかったから(笑)、そういうのは、すべてお母さんに頼んでいたけど、それじゃあ子供のままだし、と思って。今は一緒に確認できるぐらいまでにはなりましたね。難しいことから逃げずに向き合うようになった点は、大人になったのかなー」