主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、51.3万人(2021年12月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いを描いた作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

何もかも妻に丸投げしていた夫

漫画の主人公はごく普通の会社員、倉田和樹。家事も子育ても手伝うイクメンを自称し、周りからも仲良し3人家族と羨ましがられていましたが、ある日突然「書き置き」を残して妻の雪穂が子連れで出ていってしまいます。思い当たる原因はまったくない和樹は、なすすべもなく、連絡が取れないまま日にちだけが経っていきます。

-AD-

そんな中で行われた部長宅でのBBQ。毎年家族ぐるみで参加していましたが、今年は和樹一人での参加に…。会社での評判を落とさないよう、妻が出ていっていることを悟られないようにしていましたが、「手土産」がいつもと違うものだと指摘されます。部長の娘は卵アレルギーがあるのにもかかわらず、それを知らなかった和樹はプリンを持って行ったのです。

それもそのはず。「手土産」はいつも妻である雪穂が用意してくれて、和樹はノータッチ。バレンタインのお返しも取引先への手土産も、「センスのいいものよろしく」と全て雪穂に丸投げしていたのです。今まで雪穂が家出した原因がまったく分からなかった和樹でしたが、過去の自分の身勝手な行動に気づきハッとしたのでした。

その後の和樹の対応は…? それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち