2021.12.05
# 家電

加湿空気清浄機でもう悩まない…!プロが見ているのは「7つのポイント」だった!

さらにプロ厳選の2機種も紹介

一気に冷え込むだけでなく、湿度も急激に下がる冬に活躍するのが「加湿器」だ。特に昨年来の新型コロナウイルス禍においては、空気清浄機に加湿機能を加えた「加湿空気清浄機」が人気となっている。

今回は加湿空気清浄機の選び方のポイントに加えて、注目の加湿空気清浄機を2機種紹介したいと思う。

これから大活躍する加湿空気清浄機選びのポイントは?/photo by iStock

空気清浄機は「清浄能力」「見える化」「フィルター交換」「イオン放出機能」

加湿空気清浄機のチェックポイントとして、加湿機能にも気になるところだが、1年間を通して使う「空気清浄機」の機能にまずは注目したい。

できるだけ清浄能力の高いモデルを選ぼう

加湿空気清浄機のカタログや仕様には、適用畳数が記載されているが、使用する部屋のサイズよりもいくらか大きめの適用畳数の機種を選びたい。

例えば、8畳の部屋で使用する場合、適用畳数18畳までのモデルであれば約15分で清浄できるが、40畳までのモデルなら約7分と半分以下の時間で清浄できる。

 

新型コロナウイルス禍で「換気」の重要性がうたわれるようになったが、窓を開けて換気すると外の汚れた空気も一気に入ってくる可能性がある。そのためには、よりパワフルな清浄能力が求められるようになる。

予算や設置する場所のスペース、デザインなど、ほかの要素とのバランス次第だが、できるだけ清浄能力の高いモデルを選んだ方が安心だ。

関連記事

おすすめの記事