【プロ野球】広島・鈴木の「移籍報道」に松田オーナーが大激怒…一体なにが起こったのか?

「メジャー移籍」報道のウラで…

プロ野球はストーブリーグが本格化してきた。

もっとも注目されているのは、メジャーへのポスティング移籍が決定した広島・鈴木誠也(27歳)だろう。

「今季は5月にPCR検査で陽性判定を受け登録を抹消されるアクシデントがあったものの、夏場に盛り返し、打率・317で首位打者を獲得。走攻守が揃った5ツールプレーヤーとして、メジャー各球団から熱い視線が注がれています」(スポーツ紙デスク)

Photo by iStockPhoto by iStock
 

広島はリーグ4位に終わり、早々とシーズンが終了した。ところが、鈴木の動向に関する取材は、なかなか難しかったのだという。

「松田元オーナーのご機嫌が悪かったんです」と語るのは、スポーツ紙の広島担当記者だ。

「広島は、'16年からのリーグ3連覇に貢献した鈴木の功績を認め、当初からポスティング容認の方針で大リーグ機構(MLB)側と水面下で話し合いを進めてきました。しかし、11月16日の発表会見より前に、MLBのウェブサイトで、『鈴木の移籍は決定的』と報じられてしまった」(広島担当記者)

関連記事