受験シーズンもいよいよ本番に突入。高校受験において、当日の学力検査とは別に、合否に深く関わってくるものといえば、“内申点(内申書)”がある。今回、Yahoo!ニュースの協力を得て、中1~高3の子どもがいる家庭を対象に、国内在住の男女2000人に、内申点に関するアンケートを実施(2021年7月)。内申点で不安に感じていること、知りたいことなどを挙げてもらった。

また、アンケート結果をもとに、栄光ゼミナールの高校入試責任者・松田裕太郎さんに取材し、内申が高校入試で具体的にどのように活用されるのか、内申点を上げるポイントなどについて詳しく話をうかがった。2回に渡ってお伝えする第1回目。

高校受験をする上で、内申点は気にしていますか?

『高校受験をするうえで、内申点は気にしていますか?』出典/Yahoo!ニュース
-AD-

内申点が気になるかどうか、という設問に「はい」と回答した人は80%以上。やはり、ほとんどの保護者にとって、内申点は気になる存在のようだ。

そもそも「内申」とは、何なのだろうか。

松田さんによると「内申というのは、読んで字のごとく、内々に申し伝えること、というのがもとの言葉の定義。特に中学から高校に上がるときのような、上級の学校に進学する際に、生徒の成績や学校生活などを書面にして、上級学校に内々に提出するものを内申書、もしくは調査書といいます」。

アンケートでは「内申制度自体いらないのでは、と思っています」、「入試の点数のみで合否を評価するべき」といったコメントも見られたが、現在は国立大学でも推薦入試がおこなわれているほど、大学入試においては学校推薦型選抜(旧:推薦入試)や総合型選抜(旧:AO入試)が多くなっている。高校入試でも「その生徒の学力以外の面で優れているところを知りたい、多様な人材を発掘したいという考え方から、内申制度を取り入れているのではないでしょうか」(松田さん)。