2021.12.07
# ビジネス

NTTが賭ける「新技術」によって、じつはニッポンが再び世界をリードする可能性があるワケ

「一石三鳥」に寄与する技術革新

「日本が世界をリードする大きなきっかけになるのではないかという強い可能性を感じた」――。

岸田文雄総理がこう漏らしたのは、日本政府が新型コロナウイルスの変異種「オミクロン型」対策の第1弾として、南アフリカなど6カ国からの入国者に対し検疫所が確保した施設で10日間待機してもらう措置をスタートさせた11月26日のことだ。

岸田総理/photo by gettyimages
 

かねてから予定されていた通り、電気通信分野の先端技術の視察のため、JR東日本の三鷹駅から車で10分ほどのNTT「武蔵野研究開発センタ」を訪れ、「IOWN」(Innovative Optical and Wireless Network)と呼ばれる技術が、電気通信分野にとどまらず、半導体やPC、コンピューターといった様々な機器の性能を一変させ、カーボンニュートラルにも寄与する可能性を知り、こう話したというのである。

確かに、うまくいけば「IOWN」は電気通信やIT機器の変革という「一石二鳥」どころか、カーボンニュートラルまで含めた「一石三鳥」に寄与する技術革新をもたらす可能性を秘めている。

今週は、NTTが掲げる「IOWN」構想と、その核になる「光電融合技術」についてリポートしてみたい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

おすすめの記事