2021.11.30
# 節約 # 不動産

月々1700円の保険料をケチったせいで、マイホームを失った30代夫婦の悲劇

補償内容をよく確認しておけば…

岡山県の機械メーカーに勤務する大野健二さん(仮名・35歳)は、30歳のときに2600万円の35年ローンを組んで、念願のマイホームを建てました。水災や自宅の破損・汚染などへの補償オプションがない、基本プランの火災保険を選択。

月額にして約1700円の保険料を節約できたことは、【前編】『月々1700円をケチって、火災保険の「落とし穴」にハマった30代夫婦の大誤算』で見た通りです。しかしそんな大野さん一家を、予想外の災害が襲うのでした。

予期せぬ集中豪雨に見舞われた

それから数年後、今までに経験したことのない集中豪雨が大野さんの住んでいる地域を直撃しました。大雨特別警報が発表され、夜になって避難指示も発令されました。幼い子どもがいる大野さん一家はそのまま自宅で一夜を過ごすことに不安を覚え、早めに避難所に避難することを決断しました。

Photo by iStock
 

結果的にその決断は正しかったのですが、夜が明けた後には信じがたい光景が広がっていました。多くの家が激しい土石流にのまれて瓦礫と化していたのです。そして大野さんの自宅もその中の一軒でした。

同じように被災した近所の人から「火災保険で浸水や土砂による被害が補償される場合がある」と聞いた大野さん。火災保険に加入していることは分かっていたものの、補償内容はすっかり忘れてしまっていたので、保険会社のコールセンターに問い合わせてみることにしました。

関連記事

おすすめの記事