2021.11.29
# 離婚 # 不倫

「そのお金はどこから…」妻に隠れて「副業」の28歳夫を待ち受けていた“悲惨な結末”

平井 仁美

忽然と姿を消した「運命の人」

それから半年後。どうにか新しい生活の中で前を向こうとしていた里美さんの元に、将司さんから「会って話したい」というメッセージが届く。

あれから将司さんがいた組織は、幹部の不祥事などが相次ぎ、ほとんど崩壊しかけていた。「そろそろ将来のためにも自分でビジネスを始めなければ」と思っていた矢先、Aが突然姿を消してしまったのだという。

photo by iStock

「本当に俺が馬鹿だったと思う」

里美さんを前に憔悴しきった様子で「ただ謝りたかった」と話す将司さん。ずっと自分本位で身勝手すぎた行動を許すことができずにいた里美さんだったが、2人は話し合いを重ね、今は関係をやり直すことを決めたという。

(※登場人物のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。)

 

関連記事