2021.12.03

「社会はリベラルに運営し、個人としては保守的に生きよ」…〈21世紀の道徳〉が教えること

ベンジャミン・クリッツァー プロフィール

心理学の知見から倫理学の議論を審査した結果、『21世紀の道徳』では、規範と価値のそれぞれについて、政治的には相反する立場を支持することになった。規範に関しては、感情よりも理性を優先するリベラルな主張が望ましい。

他方で、価値に関する議論では、保守的な主張のほうが支持できるのだ。この違いは、規範とは自分以外の多くの他人が関わる「他人事」であるのに対して、幸福や愛情などの価値は自分自身やごく身近な人たちに関わる「自分事」であることが原因となっている。

 

なぜリベラルであるべきか

規範についてリベラルな主張を支持すべき理由とは、以下のようなものだ。

わたしたちには、さまざまな種類の「道徳感情」が備わっている。道徳感情のなかには他人に対する共感や弱者に対する同情などの明るくポジティブなものもあるが、自分を傷付けた相手に対する報復心やズルをしている人を処罰したいという気持ちなど、暗くてネガティブなものも多々ある。いずれにせよ、わたしたちは、他の動物が持たないような複雑で多様な道徳感情を持っている。

それは、わたしたちの祖先が、狩猟採集民として集団で協力しながら生きてこなければならなかったからだ。協力が成立するためには、集団の構成員たちは自分の利益ばかりを追求することを諦めて、集団の利益を優先することを選択しなければならない。そして、ポジティブなものにせよネガティブなものにせよ、道徳感情は、自分自身が集団の利益を優先したり他人に集団の利益を優先させたりするように誘導するための、心理的なメカニズムとして進化してきたのである。

問題なのは、わたしたちの先祖が暮らしてきた環境に比べて、現代の環境はずっと複雑であるということだ。狩猟採集民の社会とは異なり、わたしたちは経済や法律や政治に関わる諸々の制度を前提とした社会のなかで生きている。そして、せいぜい数十人から数百人しかいなかった狩猟採集民の集団とは異なり、わたしたちが所属している国や会社などの集団はずっと人数が多い。さらに、異なる集団に所属する人と出会ってコミュニケーションや交渉をすることは、現代では当たり前になっている。

関連記事