フリーアナウンサー、VERYモデルとして活躍する青木裕子さんは、7歳と5歳の2人の男の子を育てています。子育ての正解ってある? 教育ママじゃダメ? 子どもにとって“本当にいいこと”って? などなど…子育てをする上で、青木さんが日々感じているアレコレを、「子どもの教育」をテーマにしつつ徒然なるままに語っていただいている連載です。

今回は、5歳の次男について。お兄ちゃんの真似をしたがるだろう、おもちゃも買わなくていいだろう……と思いきや、乗り物好きのお兄ちゃんとはまったく違い「キラキラ・ふわふわ・かわいいもの」が好きだそう。異なる個性を持つ2人を育てるうえで、青木さんが心がけていることとはー

落語にはまる5歳の次男

「ひらばやし♪ひらばやし♪」

「サンマはめぐろにかぎる!」

「じゅげむじゅげむごこうの……」

最近、次男が落語にハマっている。もともとおしゃべりな上に、暇さえあれば落語のセリフをつぶやくのでとても賑やかだ。先日ちょっとしたご褒美に扇子を買ったら、それはそれは嬉しかったようで、蕎麦の食べ方を熱心に研究している。

写真提供/青木裕子
-AD-

コロナ禍で車移動が増えて、息子が私の聞いていたラジオを覚えていたことがあり(運転中はずっとTBSラジオを聞いています)、どうせ覚えるなら落語でもと、CDを流したのがきっかけだ。寿限無を覚えてみる?くらいの軽い気持ちだったのに、まさか‟大きくなったらなりたいもの”の候補に落語家さんが加わるまでになるとは! 予想していなかった。

子供の興味って何に反応するか予想ができないなあと思う。そして、長男と次男があまりに違うことにも驚かされる。