2021.11.30
# 不動産 # 節約

マンション「リノベーション」の落とし穴…資産価値が下がってしまったケースの「実例」

針山 昌幸 プロフィール

「出口戦略」に注意

新築マンション、中古マンション共に、販売金額が1億円を超えるマンション、いわゆる億ションの流通もじわりと広がって来ました。新築マンションでは、全ての住戸が億ションというマンションもあります。

中古マンションの場合、億ションとなるためには立地条件の良さに加え、最上階であること、高級ブランドマンションであることなど、いくつかの条件が求められます。リノベーションの内容も、新築を超えるグレードの建具、設備であることが求められます。

億ションとなれば、当然買える人も数が限られてきます。また住宅に対する好みもかなり独自色が強くなってきます。億ションを購入し、リノベーションを行う際は、出口戦略に相当の慎重さが求められます。

共用部分は変えられない

リノベーションの最大の特徴は「変えられる部分はすべて変えてしまう」ということですが、不動産の場合、変えられないものもあります。特に中古マンションの場合、管理の良さは住み心地に強く影響してきます。

中古マンションの場合、既に居住人同士のコミュニティが形成されています。どんな人が住んでいるか、居住人同士の関係性や管理状態はどうか、ぜひ売主さんに確認してみてください。

 

また希望に叶うリノベーションができるかどうかは、管理規約のルールによって決まります。築年数の経っているマンションの場合、フローリングが禁止されているマンションなどもあります。

さらに、エントランスや駐輪場、駐車場、メールボックスなどの共用部分は自分の意向だけでは変えられません。マンションの雰囲気や導線なども、しっかりチェックするようにしましょう。

SPONSORED