おしゃれで可愛い魔法の世界…「シュガシュガルーン」には憧れが詰まっていた

第17回「シュガシュガルーン」

子どもの頃、どんな少女マンガを読んでいましたか? クラスの中では、なかよし派・りぼん派・ちゃお派に分かれていたり、応募者全員サービスのグッズが欲しくて切手を送ったり…。

そんな「懐かしい〜〜!」と思わず身悶えしてしまうような記憶が再び!

現代ビジネス少女マンガ部では、平成期にマンガ誌「なかよし」に連載されていた懐かしの作品を毎週火曜日にリレー形式で紹介します。

無料試し読みもありますので、ぜひ当時のときめきを思い出してみてください。

思い出や感想ツイート、リクエストツイートもお待ちしてます。Twitterのハッシュタグ「#現代ビジネス少女マンガ部」をチェック!

2人の女王候補!

第17回で取り上げるのは、「なかよし2003年9月号」より連載がスタートした「シュガシュガルーン」(安野モヨコ)。第29回講談社漫画賞児童部門を受賞した大ヒット作です。

「シュガシュガルーン」(c)安野モヨコ/講談社

この号の表紙は「ぴちぴちピッチ」。ラインナップには、「かみちゃまかりん」「結婚しようよ」「娘。物語」「まもって!ロリポップ」「ワイルドだもん」など、人気作が揃っています。

資料/講談社資料室

「シュガシュガルーン」は、なかよし2003年9月号から2007年5月号まで連載。2005年にはアニメ化も果たしています。

あらすじを見てみましょう。

<ショコラと親友のバニラは、魔界の次期女王(クイーン)候補。女王を決める試験のため、人間界にやってきたんだ。その試験の内容は、人のハートをより多く集めるというもので――。>

 

親友でありライバル

主人公のショコラ=メイユールは、勝気で明るい女の子。伝説の魔女シナモンの娘でもあります。バニラ=ミューはショコラの親友で、内気で優しい女の子。魔界の現女王キャンディの娘です。二人は、魔界の次期女王候補として、人間のハートをより多く集めるという、女王になる試験のため人間界へやってきます。

人間はいろいろな感情を持っているため、ハートも「はちみつ色⇒驚き」「オレンジ⇒ひとめぼれ」「ピンク⇒恋のときめき」など、様々な種類があります。けれども、人間と違って魔女のハートは一つしかなく、奪われてしまったら、永久に魂を失うことに…。人間をときめかせつつも、自分のハートは守らなければなりません。

なんといっても、親友でありライバル同士でもあるショコラとバニラの関係性が絶妙! 魔界でモテモテだったショコラは人間界ではまったくモテず、内気なバニラにリードされてしまいます。二人の周りには謀略が渦巻き、仲たがいもあるのですが、互いを思い合う確かな友情に、「友だちっていいな」と思わせてくれます。

(c)安野モヨコ/講談社

そして安野モヨコさんの描くショコラやバニラのファッションやアクセサリーがデザインも装飾もとにかく可愛い!「真似したい!」と憧れた読者もたくさんいるのではないでしょうか。

人間界でのショコラとバニラの教官であるロッキンロビン、学校で人気のミステリアスな美少年ピエール、ショコラの幼なじみのウーとソール…二人を取り巻く多彩なキャラクターたちも魅力的です。

ショコラとバニラの女王試験の結末は…。乙女心をがっしりつかむときめき満載のストーリーは必読です!

「シュガシュガルーン 新装版」(c)安野モヨコ/講談社
次回は12月7日に更新です。お楽しみに!

関連記事

おすすめの記事