# 相続

「自分の金を使って何が悪い」…夫の遺産を「全取り」した80歳妻が、娘にお金を渡さなかったワケ

母親が100%相続

相続は悩ましい。それはお金の多寡にかかわらず、ちょっとこじれると、親子、兄弟の関係が壊れてしまうからだ。

今回ご紹介するのは父親が良かれと思ってした配慮が、残された母と娘たちの仲を引き裂いた事例だ。

父親の死に際しての「一次相続」(両親の一方が亡くなった時の相続)で相続税を気にするあまり、母親が100%相続し、「二次相続」(残った親が亡くなった時の相続)が遅かったので、子供たちも高齢になり、本当にお金を必要とするとき遺産を相続できなかった、というものだ。

〔PHOTO〕iStock
 

その経緯を詳しく見てみよう。

60代の女性・山田浩子さん(仮名、長女)から母親・友恵さんの浪費に関する相談があった(FP相談を元にしてありますが、守秘義務があるので内容は大幅に変えてあります)。

浩子さんは10年ほど前、父親を亡くしたという。相続人は、母・友恵さん(妻)と、別居している3人の娘(浩子さんを含む)だった。法定相続なら、2分の1が妻で、子供たちがそれぞれ6分の1ずつ相続する。

しかし、父親は相続税対策と専業主婦だった母親のために、

「世事に疎いお母さんが老後困らないように、遺産は全部あげたい。それに相続税の配偶者控除(1億6000万円、もしくは法定相続分が非課税)があるから相続税はとられない。どうせお母さんが死ねばみんなお前たちのものになる」

と言って、生前、子供たちに相続放棄を迫った。

関連記事

おすすめの記事