「親中派」林外相の「ありえない発言」が招く大惨事…米中「二股外交」は失策だ

海外から疑念の目を向けられることに…

外務大臣が、テレビ番組で異例の発言

岸田文雄政権が、米国と中国の双方にいい顔をする「二股外交」を展開しそうだ。林芳正外相は中国からの訪問要請を前向きに検討する姿勢を示したが、自民党内からは早くも異論が出ている。この問題は、岸田政権を揺るがす「時限爆弾」になりそうだ。

林外相は11月21日、出演した民放テレビ番組で、18日に電話会談した中国の王毅外相から、訪中を打診されたことを明らかにした(https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/72466.html)。外務省は会談後の発表で打診の事実を伏せていたが(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press1_000637.html)、大臣が自ら公表した。

林芳正外相[Photo by gettyimages]
 

公式訪問は、招いた側が招かれた側の同意か感触を得たうえで発表するのが、普通の外交儀礼だ。招いた側が友好姿勢を示す一方、応じるかどうかの選択を相手に委ねるためだ。ところが、今回は招かれた側の日本の大臣が3日遅れで、一方的にテレビで公表した。これだけでも、十分に異例である。

中国側は、大喜びしたはずだ

そもそも、いま中国と日本は、どういう関係なのか。

中国は沖縄県・尖閣諸島周辺で挑発行動を繰り返す一方、19日には中国軍艦が鹿児島県・屋久島沖の領海を侵犯した。中国とロシアの艦隊が日本列島を一周したかと思えば、中ロ爆撃機の4機編隊が19日、日本上空を飛行している。一言で言えば、中国は日本を一段と脅しにかかっているのだ。

関連記事

おすすめの記事