通り魔に遭遇したときに、一般人が絶対に「やってはいけない」意外なこと

逆に備えておくべきことはコレ

命の危機に瀕する恐怖にあった時に、人間は、限りなく「本能」のみに突き動かされる状態になるということは、前編の「通り魔に遭い「パニックになる人」と「そうでない人」には、意外な違いがあった…!」でお伝えしたとおりだ。後編では、もしもの時に備えて「パニックに陥らない方法」を経験者の証言を例に紹介する。

男は私に向かってきた

東京都在住の坂一浩さん(54歳)は、2017年5月に千葉県松戸市で発生した通り魔事件で犯人を取り押さえた。

事件が起きたのは、松戸市の公園内にある野球場だった。坂さんの所属する野球チームが試合をしていると、刃物を持った男が乱入してきたのだ。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

「私が守備についているとき、包丁を持った男が男性ともみ合いながら球場に入ってきたのです。襲われていた男性が包丁を奪い取り、男の届かない位置に投げ捨てました。

すると、男は近くに落ちていたバットを拾い、試合中だった私たちに殴りかかってきました」

近くにいた坂さんも男に頭部と肩を殴られた。突然の出来事と痛みで怯んでいると、チームメイトが男を追っていくのが目に入った。坂さんは、自分も体勢を立て直して男を追うと決めた。

球場を出たところで、男は通行人を無差別にバットで殴打していた。

「私たちが『逃げろ!』と叫んで通行人を逃がすと、目標を失ったためか、男が突如私のほうへと向かってきました。

少し躊躇しましたが、覚悟を決めて男に体当たりし、相手を取り押さえることを狙ったのです。タックルを試みて犯人を押し倒すと、相手は観念したのか、ようやく暴れるのをやめました」

関連記事

おすすめの記事