# エンタメ

渡辺瑠海アナ、渡邊渚アナ…秋の番組改編で「株を上げた」女子アナたち

通信簿形式でご紹介

画面が華やかになる

秋の番組改編から2ヵ月が過ぎようとする中、民放キー局のニュース・情報番組に移籍した「新顔」女子アナたちはどんな活躍を見せているのか。「5段階」通信簿形式でチェックしてみたい。

テレビ朝日の看板番組『報道ステーション』にNHKを定年退職した大越健介キャスターとともに、サプライズ起用されたのは入社2年目の渡辺瑠海アナ。

テレ朝・渡辺瑠海アナ

成蹊大学時代に「準ミス成蹊」に選ばれた美貌の持ち主は、まずまずのスタートダッシュを切っていた。

「番組初出演の時に本人は相当緊張していたそうですが、周囲が気づかないほど落ち着いていました。打合せでもわからないことは聞き流さず、その場で大越さんに質問し、積極的な姿勢が気に入られています」(テレ朝関係者)

 

共演者の小木逸平アナを交えたやり取りも、番組リニューアルのウリの一つだ。

「演出でテレビ画面を3分割にしてトークを展開する時、渡辺アナがいるだけで華やかな雰囲気を醸しています。大越キャスターに話題をふられても、慌てることなく具体的な数字を出しながら答える頭の回転の早さもあり、大物になる素質を感じさせる」(女子アナウオッチャー)

関連記事

おすすめの記事