2021.11.25
# ジェンダー

「アウティングされても仕方がないと思っていた」…一橋事件判決から1年。「命」を守るために必要なこと

店長がお店の客にまで暴露してしまい、飲食店情報サイトの口コミ欄に、自分のフルネームとレズビアンであることが書かれ、恐怖で地元を離れざるを得なくなったーー。

これは筆者が取材をする中で実際に聞いたアウティング被害の事例のひとつだ。

本人の性のあり方を同意なく第三者に暴露する行為、アウティング。2015年、一橋大学大学院のロースクールに通う大学院生が、ゲイであることをアウティングされ、校舎から転落死してしまった。この「一橋大学アウティング事件」をめぐる裁判の控訴審判決から、今日で1年。

大学側の責任は問われなかったが、東京高裁はアウティングを「人格権ないしプライバシー権などを著しく侵害する許されない行為」だと判断した。

一連の事件や裁判は、地方自治体や国レベルのアウティング規制の動きにつながり、自治体の性的マイノリティに関する啓発パンフレットなどには、「アウティングは絶対にしてはいけない」という文言も並ぶようになった。

 

アウティングが命の危険につながるほど重要な問題だということは、もっと知られる必要がある。一方で、どこか「アウティングはダメ」でとどまって良いのかという疑問も抱く。そこにはもっと複雑な実態や線引きがあるのではないか。そもそも、なぜ命の問題につながってしまうのかという面に目が向けられるべきではーー。

一橋事件から6年。2020年6月にはパワハラ防止法が施行され、アウティングもパワハラに含まれることになった。企業等に防止対策が義務付けられ、来年4月からは中小企業でも義務化される。

改めて「アウティング」という問題について多くの人に考えてもらうために、柏書房より『あいつゲイだって - アウティングはなぜ問題なのか?』を11月29日に出版する。

[PHOTO]iStock

複雑で曖昧な実態

採用面接でトランスジェンダーだと伝え、入社後はカミングアウトの範囲を慎重に考えたいと伝えたが、いつの間にか社内中に広められてしまった。

学校で友人にカミングアウトしたらアウティングされ、教員から「同性愛が他の生徒にうつる」と言われた。

一橋事件以外にも、アウティングをめぐるさまざまな被害が、今でも起きている。性的マイノリティ当事者のうち、約25%がアウティング被害を経験しているという調査がある。

調査を行った日高教授は「実際にはご自身が知らないところでも言われてしまっている可能性がある」と語るように、本人が知らされていないだけで、実は勝手に暴露されているというケースを含めるともっと多いのではないかと考える。

関連記事

おすすめの記事