育児に関するリアルエピソードを漫画化した作品や創作漫画をInstagram(@kinakonoumami)やブログで公開している、漫画家のきなこすさん。SNSのフォロワーさんのリアルエピソードを漫画化した「フォロワーさんの怖い話(子育て・子ども関連)」は、事故や事件に巻き込まれる危険を少しでも回避できればと描いたシリーズで多くの反響がありました。

今回は、「フォロワーさんのスカッとした話(子育て・子ども関連)」シリーズより、子ども同士のいざこざが原因で起きたトラブルとその解決までの流れ、子どもの言動から親が気づかされたことなどを漫画でお伝えします。

-AD-

見ていないのに決めつけてはいけない

フォロワーさんの息子さん(太郎くん)が、保育園の年長になったときのお話です。ある日、太郎くんのお母さんがいつものようにお迎えに行くと、先生に園庭の隅に呼ばれました。そこには、太郎くんと同級生のBくん。そして一つ年下のAくんとAくんのお母さんがいました。

ただごとではない様子だったのですぐに駆け寄ると、Aくんのお母さんからドキリとすることを言われます。それは、「あなたの息子のせいでうちの子が転んだのよ!」という言葉。太郎くんのお母さんは一瞬「えっ?」と驚きますが、太郎くんはいつも元気いっぱいでヤンチャだったので、「いつかトラブルを起こすのではないか…」と思っていたこともあり、詳しい状況を確認せずに太郎くんを叱りつけ、すぐさまAくんのお母さんに謝りました。

ですが……Aくんが転んでケガをした原因は太郎くんではなかったのです。それを証言してくれたのが、その場で全ての状況を見ていた同級生のBくん。その証言のおかげで、太郎くんが起こした事故ではないことがわかりました。

太郎くんのお母さんは、Bくんの勇気ある行動に感謝しつつ、その場にいた子どもたちの話を最初に聞かなかったこと、そして自分の思いこみで我が子を悪者にしてしまったことを深く反省したそうです。

日頃の言動や性格などから「この人はこういう人だ」と勝手に決めつけるのはよくないとわかっているのに、無意識にやってしまっていることが自分にもあるかもしれない……今回のエピソードを聞いて身の引き締まる思いでした。子育てをしていると子どもたちから学ぶことや、ハッとさせられることはとても多いです。

今回は、このような「決めつけ」をテーマにしたエピソード漫画をお届けします。子育てに限らず、大人社会でもネガティブな決めつけや思いこみは、人間関係を悪化させる要因となるので気をつけたいものです。

漫画/きなこす