photo by istock

アパレル業界に起こっている「異変」の正体…「服屋」でないブランドの「強み」

今週の「AI株価予報」で読む

アウトドアブランドが好調

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた業界のひとつに、アパレルが挙げられる。外出して、フォーマルな装いをする機会が減り、一方でパジャマやスリッパなど、ルームウェアの需要が高まった。

ライフスタイルメディア「SEVETIE TWO」が上場ファッション・アパレル企業82社を対象にした調査によると、今年9月末から10月末の比較で、株価上昇率ワースト1位はパレモ・ホールディングス、ワースト2位は高島屋だという。

「パレモHDは女性向けファッションブランドを複数抱える企業で知られますが、主力出店先のイオンの店舗急拡大とともに売上を伸ばした13年を頭打ちに、徐々に勢いを落としてきています。

子供服チェーンの西松屋が筆頭株主になったことで株価が上昇しましたが、それでも赤字決算が響き、今回のような株価上昇率になったと言えます。

また、高島屋も第二四半期の決算は下方修正となり、緊急事態宣言が明けた後も好材料をなかなか見いだせず、株価は再び下降トレンドに入っています」(株式アナリスト)

日本橋高島屋/photo by gettyimages
 

コロナの状況が落ち着き、緊急事態宣言が明ければ…という期待は、業界全体にあったのかもしれない。だが、もともとコロナ以前から経営不振にあえぐ企業が多かった業界で、人出さえ戻れば経営状況が改善される、というシンプルな話では済まない部分もある。

一方で、前出のアパレル業界の株価上昇率で言えば上位を占めたのが、アウトドア・スポーツブランドである。

関連記事

おすすめの記事