冷凍庫のスペースを上手に活用する

常温品だけではなく、コストコは冷蔵・冷凍品も充実しているため、収納を語る上で冷蔵冷凍庫の存在は欠かせません。中でも特に重要なのは「冷凍庫」だと私は考えています。コストコの高品質で大容量の商品をなるべく長期間キープし、日々少しずつ利用するのに冷凍スペースの活用は必須です。

例えば、キロ単位で購入したお肉や賞味期限が短いベーカリー類などは、基本的に1食分ずつで小分けして冷凍保存をしています。鮮度が良い状態で適切な保存方法を行えば、精肉やベーカリーは1ヶ月以上美味しさを保つことができます。

コストコで取り扱われているお肉類は、実は加工段階から一度も冷凍処理されていないものがほとんどなので、購入後に自宅でフリージングしても味が落ちにくいんです。それでいて価格はスーパーの特売よりもお得に買えたりするので、一度コストコのお肉を利用してその美味しさを知ってしまうと、コスパの高さに驚いてしまいます。

ちなみに私の場合はキッチンで利用する冷蔵冷凍庫とは別に、コストコ専用の冷凍庫を用意しています。冷凍スペースを増やしたことで、肉や魚、パンなどを数種類保管することができるようになりました。これが本当に便利!

コス子さんが活用している「コストコ専用冷凍庫」! 写真提供/コストコ通コス子
-AD-

冷凍スペースが少ないと、例えばコストコで2.5kgの鶏肉の塊を買えばそれだけでスペースがいっぱいになってしまい、しばらく鶏肉ばかりを食べなければならなくて大変……という状況に陥ってしまいます。

いくらお得に買えたとしても、同じものばかり食べていれば飽きるし、美味しさも半減しますよね。スペースを広げられればストック食材が偏らなくなるので、食べたいものを必要な分量だけ取り出して、少しずつ使うことができます。

夕飯のメニューをスーパーの食品売場ではなく、自宅の冷凍庫の前で考えられるという環境はとっても快適です。