IDから性別欄をなくそうとする国があれば、男性優位の根深い国で声を上げることを始めたばかりの人たちもいます。国や地域によって違う、世界のジェンダーとダイバーシティ。様々な取り組みの最前線から、話題のフェムテック・プロダクトまでを紹介します。今回は、アジア圏から、タイ、台湾、韓国、パキスタン、インドの事例をピックアップ。

【タイ】
LGBTQ+Welcoming Destinations

​ジェンダーニュートラルな、観光立国のツーリズム。

「人は人、自分は自分」と多様なジェンダーに寛容なタイでは、日本よりも性的指向がオープンと言われる。女性同士、男性同士などで楽しめる、旅の提案もたくさん。写真提供:タイ国政府観光庁

「家族にLGBTQ+をカミングアウトされた場合、受け入れるか」。6年前の世論調査で、すでに約8割がイエスと答えていたタイ。ニューハーフショーやトランスジェンダーに特化した美人コンテストに加えて、大手企業がプロモーションのひとつとしてジェンダー問題を提起する動画をつくるなど日常的にLGBTQ+に触れる機会は多い。近年はトランスジェンダーを公表する国会議員の選出、シビル・パートナーシップ法案の承認などが話題に上っているが、今注目したいのは国として「LGBTQ+フレンドリー/ツーリズム」を提唱していること。

タイ国政府観光庁(TAT)が旗振り役となり、世界に向けて東南アジア初となるLGBTQ+に特化したシンポジウムを開催し、各地のホテルやサービス施設と連動したプロジェクトを展開。同性同士のウェディングプランも提供されるなど、観光立国タイの新たな一面が見えつつある。発信するメッセージは「Open to the New Shades(新しい色合いへのいざない)」。法整備という課題はあるが、性別はもちろん国籍や肌の色といった違いにかかわらず、すべての人を受け入れる土壌がタイにはある。

www.gothaibefree.com

-AD-

【台湾】
PROJECT UNI-FORM

​性別に関係なく着たくなる、POPな制服!​

11のコレクションからなり、ジェンダーを超えてそれぞれが「個人」として好きな物を選び、自由にスタイリングし、自分らしさを表現できる。オンラインで購入も可能。

台湾はアジアで初めて、同性婚の合法化をするなど、ジェンダーにおいて革新的な存在である。なかでも2020年秋、「VOGUEファッション・ウィーク」で発表された、デザイナー、アンガス・チャンによる〈PROJECT UNI-FORM〉はセンセーショナルだった。

ジェンダーの固定観念を崩そうと、台北のとある高校の生徒たちが行った、1日異性の制服を着て過ごすというイベントからインスピレーションを受けたチャンの制服は、瞬く間に台湾中の学生を魅了。

賛同した多くの学校が、この制服をベースに各々にカスタマイズしたデザインを発表することでレスポンスし、プロジェクトの精神を共有。まだ実用化はしていないが、既成の概念に身を委ねるのではなく、生徒も先生も皆で考える、ポジティブな発信となった。そこには着てみたい! と思わせるPOPなデザインがある。

【韓国】
Purplay

女性映画専門の動画配信プラットフォーム。

会員2万人のうち9割が20~40代女性。1作品500~4000ウォン。

「女性映画を気軽に視聴できる場所を作りたい」という思いから、2017年に誕生した動画配信サービス〈Purplay〉。映画『はちどり』のキム・ボラ、『私たちの生涯最高の瞬間』のイム・スンレ、ドラマ『保健教師アン・ウニョン』の演出家でもあるイ・ギョンミら有名女性監督の初期作品を始め、ほかでは見られない短編やアニメなど300本以上の女性映画を保有。

創業者のチョ・イルチ氏は、韓国クィア映画祭の前事務局長。

ジャンルやテーマ別の分類はもちろん、監督・脚本・主演のいずれかが女性の「F等級」、すべてが女性の「トリプルF等級」など、ジェンダー&ダイバーシティ指数を元にコンテンツをキュレーションする。ウェブマガジン配信や女性映画上映会などの開催にも積極的で、今年3月にはOTT企業としては初の社会的企業に認定された。

purplay.co.kr