2021.11.22
# 宇宙科学

「仕事の悩みは人間関係…!?」トップ天文学者たちが語る“夢”と“現実”

「サイエンスZERO」座談会
サイエンスZERO プロフィール

天文学者に必要な能力とは?

宇宙に興味を持っていても、天文学者になるには超えなければならない高いハードルがあります。そこで、研究者にとって必要な能力を教えてもらいました。

田中 研究者はいろんな能力が必要だと思います。自分の頭で考える能力がすごく大事です。でも、これだけではダメなんです。研究を一人でやる時代ではなくなって国際的にいろんな人と交わりながらやるのが当たり前のスタイルになってきています。当然、英語も使います。加えて、説得力のあるプレゼンテーション能力。他の天文学者とのネットワークを広げるのが非常に大事なので当然、コミュニケーション能力も。全部です。

すばる望遠鏡で観測する田中賢幸さん/NHK提供

天文学者になるハードルはかなり高そうに感じますが、重力波望遠鏡KAGRAの設計を手がけた麻生さんは、自分の得意分野を生かして宇宙の研究に携わるという選択肢もあると教えてくれます。

麻生 研究者に必要な能力は分野によっても違います。理論の方はやっぱり数学や物理の勉強ができる必要がある訳です。私はあまりできなかったので、実験にいったんです。実験の「モノ作り」の場合は、純粋に物を作ることに喜びを感じられるかどうかがすごく重要な能力です。

重力波望遠鏡KAGRAの設計を手がけた麻生洋一さん/NHK提供
 

日本のシミュレーション天文学をリードしてきた小久保さんは、数学や物理の能力を駆使してコンピューターでの計算によって研究を行っていますが、必要な能力として挙げたのは意外なものでした。

小久保 体力です。好きなことをやるのは、やっぱり大変なことも多くて、いかに頑張れるか、やり通せるかというのにかかっています。頭を使うにもやっぱり体力がないと考えられないんです。だから、やっぱり体力が何よりも重要なんじゃないかと思います。

シミュレーション天文学の小久保英一郎さん/NHK提供

実際に小さい子どものいる親御さんから「天文学者にするにはどうしたらいいか?」と聞かれたときも「外でいっぱい遊んで、勉強をするよりも部活とかしたほうがいいんじゃないですか」と言って驚かれたこともあるそう。ご自身も体育会系出身で体力作りをしてきたことが研究を支えてくれたという体験から、「何事も基本は体力」と力説します。

関連記事