コロナ禍で「おうち時間」が推奨され、多くの家庭では夫婦で過ごす時間が増えた。よりいっそう絆が深まった夫婦もいれば、いっしょにいることが辛くなった夫婦もいるだろう。有事は、ものごとの本質を浮き彫りにする。この機会に、あらためて夫婦であることの意味を考えるようになった人も多いのではないか。
今回、Yahoo!JAPANユーザーを対象に 、全国の結婚している男女2000人(有効回答者数1996人)に、離婚に関するアンケートを実施(2021年7月 29日)。これまで離婚を考えたことがあるかどうかと、ある場合、ない場合、それぞれの理由について聞いてみた。

Photo by iStock

その結果を、2019年よりFRaUwebにて「子どものいる離婚」という連載を持ち、多くの「離婚したい人」「離婚した人」に話を聞いてきたライターの上條まゆみさんに分析してもらった。

-AD-

1回でも離婚が頭をよぎった人は6割

回答者は10代から50代以上までの男女で、30〜50代以上が中心。およそ6対4の割合で、夫のほうが多い。
彼らにまず、離婚をしたいと思ったことがあるかどうかを聞いてみた。
「離婚をしたいと思ったことがある」人は、「ずっと離婚したいと思っている」(6.4%)「時々思う」(34%)「一回思ったことがある」(21.7%)を合わせて、およそ6割。夫婦を長く続けていれば、夫婦げんかの際などに、離婚が頭をよぎることくらいあるだろう。逆に、「一度も思ったことがない」人が4割近く(38.1%)もいるとは尊い。

Yahoo!JAPANアンケートより(2021年7月29日)
 

離婚したいと思ったのにしない理由

離婚をしたいと思ったことがあっても、少なくとも現時点で彼らは、まだ離婚を選ばずにいる。「離婚したいと思ったことのある人」に「離婚しない理由」を聞いてみた(複数回答可)。
1位が「子どもがいるから」で離婚したい人の24%。4人にひとりは子どもを理由に離婚しないという。2位が「よく考えるとそこまで離婚したくはないから」で19%。3位が「面倒くさいから」(16.6%)。4位が「経済的理由」(16.5%)。5位以下「やっぱり好きだから」(9.4%) 「世間体が気になる」(8.1%)「相手が逆上するから」(4%)と続く。

Yahoo!JAPANアンケートより(2021年7月29日)

離婚したいと思ったことがなければ離婚していないのは当然だし、よく考えるとそこまで離婚をしたくないとか面倒くさいというのは、なんだかんだ夫婦としてそれほど相性が悪いわけではなく、そこそこうまくやれているのだろう。

しかし、離婚しない理由が「子ども」や「経済的理由」「世間体」となると、少し話は変わってくる。夫婦としては終わっていても、どちらかががまんを強いられながら、いたしかたなく結婚生活を続けている様子が思い浮かぶ。
ちなみに、「離婚したいと思い始めた時期」は、1位が「5年以上前」で離婚したいと思ったことのある人の74%以上を占める。そんなにも長い間、不満を抱えながら、離婚を思いとどまっている人は多いのである。

Yahoo!JAPANアンケートより(2021年7月29日)