Photo by iStock

「PCR陽性」でも在日米軍は「隔離ナシ」…水際対策のとんでもない“抜け穴”

今回で、なんと3度目だ

「PCR陽性」にもかかわらず…

米海兵隊の男性兵士が成田空港のPCR検査で新型コロナウイルスの陽性と判明しながら、隔離されることなく、沖縄の米海兵隊基地へ移動していたことがわかった。

日本への入国者は陽性、陰性を問わず、14日間隔離される。米兵の場合、在日米軍施設で隔離期間を過ごすが、今回、陽性が判明した米兵は米軍の管理下に置かれることなく入国した翌日に民間機で那覇空港に移動していた。

政府から連絡を受けた沖縄県は、米兵の近くに座っていた27人のうち、連絡が取れた20人の健康状態を確認したが、連絡が取れていない人もいる。

成田空港や羽田空港から入国し、PCR検査を受けながら、勝手に国内の基地へ移動した米軍関係者は今回を含めて3例目だ。

米兵は日米地位協定により、日本政府による入国審査や検疫を免除されている。民間空港を利用した場合はPCR検査が実施されるが、特権的な扱いに慣れた米兵の無分別な行動をただす手だてはなく、感染拡大防止の水際対策に大穴が空く結果となっている。

問題の米兵は、沖縄市、宜野湾市など2市1町1村にまたがるキャンプ・フォスター所属の20代男性で、10月30日に成田空港に到着し、検疫所のPCR検査で陽性と判明した。

キャンプ・フォスター内でのワクチン接種の様子[Photo by gettyimages]
 

本来なら、在日米軍の管理下に移され、米軍施設内で陰性になるまで療養することになるが、この米兵は隔離されることなく、翌31日に沖縄へ移動。キャンプ・フォスター内の検査でも陽性となり、基地から沖縄県に連絡があったことで一連の事態が発覚した。

ナゾなのは入国後、なぜ勝手に移動できたかだ。陰性の場合でも公共交通機関を使わずに移動し、14日間の隔離を受ける必要がある。ただし、隔離措置はあくまで要請なので、無視される可能性は残る。

関連記事

おすすめの記事