# メルカリ # ライフ

「古着のポケットにカメムシが…」メルカリで本当に起きてしまった「うっかりミス」実例

個人が出品や購入をするメルカリにおいては、本当に些細なことが原因になる「うっかりミス」が起きることもあります。筆者自身「ああ!やってしまった!」と思った経験も何回かあります。

小さなミスとは言え、後々面倒なことも起きるので、注意するに越したことありませんよね。実際にどんなうっかりミスがあったのか、筆者の経験などを踏まえて紹介していきます。

Photo by iStock
 

商品の送り間違い

メルカリに出品した商品が、ほぼ同時に2個購入され、そして発送のタイミングも同じになったことがありました。梱包するときには中身がわかるように、梱包材に商品名を小さく書いておきました。それをらくらくメルカリ便のネコポスで送るために、ファミリーマートに持ち込みました。

ファミリーマートはFamiポートで発送用の伝票を出し、それをレジにもって行って発送の手続きをする仕組みです。筆者もFamiポートで伝票を出しレジに持っていきました。

この時点では、どちらの商品の伝票なのかはしっかりと区別していたのですが、レジで発送の手続きをするときに伝票が反対になってしまったのです。

本来は発送する人(差出人)が伝票を入れるビニール袋を商品に貼り、発送用の伝票をその中に入れることになっています。でもレジが非常に混んでいて、店員さんも「後でこちらでやっておきます」ということで、その場で伝票を入れなかったのです。

後になって商品が届いた購入者から、商品が違うと連絡がきました。このとき初めて、2つの商品が違う購入者のもとに届いてしまったことが判明したのです。すぐにメルカリに連絡をして、その後配達をしてくれたヤマト運輸さんが購入者の自宅に商品を取りに行くことになりました。

そして改めて正しい配送先に届けてくれることになりました。ちなみに、送料は1回分のみで、再配達分に関しては送料の負担はありませんでした。

関連記事

おすすめの記事