甘利を倒した太(著者撮影)

甘利、後藤田ら「自民大物」を倒した男たちが「壮絶選挙の内幕」をすべて明かす!

野党が強くなるヒントがここにある

「自民党幹事長を倒した男」の告白

「自民党幹事長相手の選挙だったので本当に厳しい選挙戦でしたが、市民の皆さんの力を結集しての勝利でした」

10月31日に行われた衆院選。神奈川13区で大金星を挙げた太栄志(立憲民主党)は11月10日の初登院でこう語った。相手は自民党幹事長の甘利明だった。

『令和の西郷どん』を自称する太は鹿児島の離島出身。長島昭久(現自民党衆院議員)の秘書を経て、2015年12月に当時長島が所属していた民主党で神奈川13区の候補者に選ばれた。落下傘だった。

太栄志議員(筆者撮影)
 

最初の選挙はダブルスコアでの惨敗に終わる。

ところが太は気落ちすることなく、「そこから活動はより加速した」という。太の地力を培ったのは徹底したドブ板選挙だ。

「これまで10万軒の戸別訪問をしてきました。落下傘で来た以上、それをやるしかないですから。それから日々の街頭演説と月に1回のタウンミーティング。この3本立てです」

まさに選挙の王道とも言えるが、実際に新人でこれを徹底できる候補者は珍しい。太を指導したのは田中角栄の秘書だった朝賀昭だ。朝賀は「長島(昭久)から預けられたんだ」と明かす。

関連記事

おすすめの記事