2021.11.25
# 人工知能

Google翻訳よりも高性能? AI翻訳「DeepL」の驚異的な実力

とても「自然な翻訳」になる理由

破竹の勢いで翻訳業界を席巻しているAI翻訳だが、まだまだ改善点も多そうだ。これらを踏まえてAI翻訳、そして一般ユーザーの未来はどのように拓けていくのか。

「機械翻訳自体が今後どういう進化を遂げていくかは未知数です。ですが、それを利用していくユーザー目線で言えば、そもそも機械翻訳は不完全なものということを前提にしたプラットフォームが、当面は一般的になっていくのではないでしょうか。

手前味噌ですが私が開発にも関わっている自動翻訳ツール『YarakuZen(ヤラクゼン)』は、翻訳の前にユーザーが使うフレーズや用語集を登録してそれをベースに翻訳し、翻訳後もユーザーが文を修正することが前提になっているシステムです。このように機械翻訳は不完全なものということをベースにしたシステムやサービスが、頭角を現してくるのではないでしょうか」

 

山田氏は、AI翻訳の発展でプロの翻訳家はより高い専門性や文化の文脈を持つことを強いられていると言う。DeepLを筆頭に、AI翻訳が翻訳の簡便さと底上げをさらに推し進め、その訳文を、腕を磨いたプロがさらにブラッシュアップする。こうした共存スタイルが今後のスタンダードになるのかもしれない。

(文=TND幽介/A4studio)

SPONSORED