2021.11.25
# 人工知能

Google翻訳よりも高性能? AI翻訳「DeepL」の驚異的な実力

とても「自然な翻訳」になる理由

インターネットによってグローバル化した昨今、母国語の違う外国人の方々とメールやチャットでやりとりする際、便利なのが無料翻訳サイトだろう。その最大手として上位に君臨するのは「Google翻訳」だが、その牙城を崩しつつあるのがドイツのケルンに本拠地を持つDeepL GmbH社が運営する翻訳サイト「DeepL」だ。

「そのまま送信できるかも」と思わせるほどの高品質な翻訳が評判のDeepL。ネット上でも「翻訳の自然さはGoogle翻訳より断然DeepL」と熱狂的な支持を示す人も多くなってきた印象がある。

DeepLの実際の画面(https://www.deepl.com/ja/translator より)

そこで今回は、躍進続けるDeepLが他の自動翻訳サイトに比べて何がすごいのかを知るべく、翻訳通訳研究の専門家で、著書『自動翻訳大全』などでも知られる、立教大学異文化コミュニケーション学部の山田優教授にお話を伺った(以下、「」内は山田氏のコメント)。

 

飛躍的な進化を遂げた「AI翻訳技術」の秘密

DeepLの凄さを知る前に、まず機械翻訳機能、とりわけ近年話題になることも多い「AI翻訳」がなぜここ数年で伸びているのかについて教えていただこう。

「AIの学習システムのなかに『ニューラル学習』というものがあり、これが非常に発展したことが要因でしょう。

『ニューラル学習』とは、人間の脳の神経システムであるニューロンから着想を得たコンピュータの学習モデルです。原文と訳文が対になった対訳データからAI自らが単語の配列データの特徴や文構造を学習します。これを用いて翻訳をすると、自然な言葉の配列で後述の“流暢性”の高い翻訳できるので、より精度が上がるわけです。

そしてこの『ニューラル学習』の処理速度と精度を進化させるべく『自己注意機構(セルフアテンション)』といった仕組みを導入した『トランスフォーマー』や『BERT』といったシステムも登場し、近年のAI翻訳技術は飛躍的な向上を果たしました」

関連記事

おすすめの記事