アラフォー女性たちから「参考になる!」と大好評と大HIT中の書籍「いちばん親切な更年期の教科書【閉経完全マニュアル】」(世界文化社)。さまざまなメディアでも活躍している産婦人科専門医、高尾美穂先生の最新刊である。前回の記事ではこの本の中から「更年期の始まりのサイン」を紹介したが、今回は更年期症状を軽くしてくれる食品について抜粋して紹介しよう。

大豆が好きな人は更年期症状が軽い

photo by iStock
-AD-

エクオールを作れる人ほど更年期症状が軽いというデータがあります。これは、24時間の食事調査を行い、尿中のエクオール量を調べ、更年期症状との関連性を調べた調査で、尿中にエクオール値が多い=エクオール産生能がある(エクオールを作れる)人のほうが、更年期症状が軽いことがわかったのです。

毎日大豆を積極的にとっている人は、エクオールを作れる人の割合が高いという調査結果もあります。日常的に大豆製品をとることが、エクオールを作ることに大きく影響しているようです。
しかし、実はエクオールを生み出す腸内細菌は、すべての人の腸の中にいるわけではありません。エクオールを腸内で産生できる人の割合は、日本人では約半数にとどまり、中高年女性では51.6%という報告もあります。