韓国の「中枢」で、いま「文在寅批判」と「反日・嫌米」が盛り上がっているワケ

このままでは大変なことになる…!

「韓国大統領選」でいま本当に起きていること

韓国世論調査会社メディアトマトが行った調査によれば、大統領選挙の与野党仮想二者対決は尹錫悦氏が52.7%の支持を得て、初めて50%を上回り、李在明氏の34.8%に大きな差をつけた。

年代別に見ると、40代で李候補46.6%が尹候補42.9%を上回ったほかは、今回の大統領選挙の勝敗のカギを握る、20代で尹候補49.5%、李候補22.7%、30代で尹候補45.6%、李候補36.1%と大きく後れを取っている。

他の世論調査でも概ね、尹候補が大きく李候補を引き離す結果となっている。

リードを許している李在明氏 photo/gettyimages
 

まだ、『共に民主党』と『国民の力』の与野2大政党の候補者が確定して間もないことであり、大統領選挙まで4ヵ月弱残っている。さらに、今後勝敗を大きく動かしかねない候補者によるテレビ討論はこれからである。まだ、形成が変わる可能性は大いにあるが、李在明氏が共に民主党の候補になったのは過半数ギリギリの勝利であり、そもそも主流派である親文在寅氏のグループとは距離がある。

しかも、前回の大統領選挙で文在寅氏と激しくやり合ったしこりが残っている。それでも親・文在寅グループが李在明氏を選んだのは、与党候補の中で国民の力候補に勝てる可能性が一番高いのが李在明氏であるからだ。

その李在明氏から世論の支持が離れていく場合には、与党の中の李在明氏の立場は一層厳しくなろう。

関連記事

おすすめの記事