新型コロナ、ここにきて「マスクなしの生活」の可能性が見えてきた…!

重症化リスクも減った

軽い散歩やゴミ捨てであってもマスクをつけるなんて馬鹿らしい。マスク会食なんてもってのほか。そう思う人は多いはずだ。感染者が激減した今、この習慣をいつまで続けるべきなのか知っておきたい。

減り続ける感染者

「日本では驚異的なスピードで新型コロナの感染拡大が収束しています。いま日本人は、日常生活でマスクを外せるかどうか、判断して良い時期に来ているのではないでしょうか」(米ミネソタ大学感染症研究政策センター所長のマイケル・オスターホルム教授)

11月1日、東京都の新規感染者数は9人と発表された。一桁台は昨年5月31日以来の1年5ヵ月ぶりだ。感染者数は順調に減っている。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

営業を再開した飲食店や外出する人が増えてきて、かつての日常生活が戻ってきたと感じる人も多いだろう。ただ、一つだけコロナ前と違う点は、いまだに誰もがマスクをつけ続けていることだ。

今後どれだけ感染が収束に向かったとしても、日本人は永遠にマスクをつけなければならないのか。そんなことはない。実は、多くの専門家たちが「近いうちにマスクは外せる」と思っている。

順天堂大学医学部講師で薬学博士の玉谷卓也氏はこう語る。

「コロナの感染者を0にすることを目指すなら、未来永劫マスクをつける必要があるかもしれません。世界中で蔓延して、ワクチンを打ってもブレークスルー感染することが明らかになった今となっては、コロナの根絶は現実的に難しい。

結局、コロナとの共存を目指していくしかありません。具体的に言えば、風邪やインフルエンザにかかったときのようにコロナ患者を治療できるようになることが望ましい。そうなれば、全員がマスクをする必要はなくなります」

関連記事

おすすめの記事