2021.11.19
# 皇室

いま秋篠宮家に浮上する、悠仁さまの「進学先はどこにするか」という大問題

候補は名門校ばかり
週刊現代 プロフィール

来年はいよいよ高校受験だが、秋篠宮家を取り巻く状況は大きく変わったわけではない。今後も小室夫妻の動静はマスコミの注目を集め続けるだろう。

そんななか「特別扱い」された悠仁さまが、全国トップクラスの高校に進めば、秋篠宮家に対する逆風がさらに強まるのではないかと憂慮される。元宮内庁職員はこう語る。

「今年3月には、北九州市立文学館が主催する『子どもノンフィクション文学賞』で悠仁さまの作文が佳作に選ばれました。タイトルは『小笠原諸島を訪ねて』。しっかりした文章で、審査員のリリー・フランキーさんも『10代でこのバランス感覚、文章の美しさは素晴らしい』と絶賛しました。

しかし、このような作文もインターネット上では『どうせお付きの者が書いたのだろう』、『高校進学のための実績づくりだ』と根拠のないまま批判されてしまう。ご本人も複雑なお気持ちだろうとお察しします」

 

この2年ほどはコロナ禍もあって、外出やメディア露出も減っているが、素顔の悠仁さまは、どのような日々を送っているのだろうか。宮内庁担当記者が語る。

「幼い頃からお好きだった虫取りへはよくお出かけになるようです。とりわけ興味があるのがトンボで、皇居でも採集して、赤坂御用地との生態の違いについて観察するなど、動物好きの秋篠宮も『私より詳しい』と舌を巻くほどです。

また、庭で稲や野菜を育てることもお好きで、ご家族のなかでも率先して庭仕事を楽しんでいる。

お忍びでSPとともに御用地の外へ出ることもあり、都内の書店にもいらっしゃいました」

関連記事

おすすめの記事