2021.11.25
# ビジネス

「1本仕事が終わったら、2本企画を置いてくる」人気フリーライターが実践する「書いて稼ぐ」コツ

フリーランスには2つの人種がいる。いつも仕事が舞い込んでくる人と、いつも仕事を探している人だ。営業力なのか、あるいは仕事の精度なのか、磨くべきポイントはどこにあるのだろう。未経験で独立してから21年間、今までいちども仕事が途切れない人気ライターの佐藤友美氏が、その秘訣を著書『書く仕事がしたい』で明かしている。無理なくできる範囲で、自然に受注を増やし、稼ぎを伸ばすには。

仕事はいつも「人」からやってくる

収入面の不安が減ると、メンタルは安定しやすくなります。無理なく働ける範囲で、
仕事や稼ぎを増やしていく方法を考えてみましょう。

売り込み以外で新規の仕事を増やしたいときに、一番有効なのは、実は「現在の仕事を頑張ること」です。

Photo by iStock

仕事は、常に「人」からやってきます。だからこそ人脈が大事と言われるのですが、この人脈の意味を勘違いしている人は多い。たとえば、「私が、出版社の編集長をよく知っている」は、人脈でもなんでもありません。

人脈が仕事に生きるとしたら、それは「こっちが相手を知っている状態」ではなく、「相手に私が知られている状態」、しかも「信頼できる状態」で「知られている」場合のみです。 だから、今すでにお付き合いがある人たちとの仕事をコツコツ丁寧にやって、その仕事相手に「信頼できる人」として認知され、その人(や仕事)を通して「知られる」 ことが、結果的には仕事につながりやすいのです。

交流会やパーティーで名刺交換して「こんな仕事をしています」とアピールするのもいいでしょう。もちろん、それが仕事につながることもあります。でも、それ以上に、今、すでに仕事をご一緒している方とのご縁で別の仕事が入ってくるほうが多いと感じます。

 

仕事を呼ぶクレジット、選ばれるプロフィール

そうやって仕事が増えていったあとには、人とのつながりだけではなく、クレジットが仕事を呼んできてくれます。

編集者は、「この原稿はいいな」と思ったときに必ずクレジットをチェックします。そして、同じ人のクレジットを何度も見ると(つまり何度もいい原稿だなと思うと)、 仕事を頼みたいと思うものです。

書き手にとってクレジットは財産です。ある意味、原稿料よりも大事だと言えるかもしれません。ですから、なんらかの事情でクレジットが入らないと言われたら、そこはちゃんと納得がいくまで話し合いをしてください。私は、クレジットが入らない仕事は、5倍から10倍程度の原稿料をもらうようにしています。

関連記事

おすすめの記事