2021.11.19
# 企業・経営 # VR

突如社名変更Facebookが仮想現実「メタバース」に突撃の理由

現ビジネスモデルは行き詰まる。でも…
山本 一郎 プロフィール

もはや、おっさんおばさん向けサービス

ただ、前述の通り旧FacebookのビジネスモデルはSNSの陳腐化と共に成熟から緩やかな衰退の時代を迎え、英語圏では若い人にとってもはやFacebook自体がおっさんおばさん向けのサービスであるということで、TikTokやTwitterに若い人を取られてしまいました。

さらに、若い人のアクティブ層はTinderなど具体的な出会いを前提としたアプリに奪われ、リアルの情報についてはさすがにFacebook単体では収集しづらくなってきました。ネットから垣間見えるリアルでのおカネの使われ方がさらに変わってくることもあって、いままで通り予想できなくなってきます。

そうなってしまうと収益性に影響が出てくることは間違いなく、Facebookも陳腐化に立ち向かうためにも、結局は「さらにその先」をザッカーバーグさんが考えなければならない状況に差し掛かったのだとも言えます。

その結果、Facebookは矢継ぎ早に自前のサービスの追加や改革を前面に押し出すような発表を繰り出すようになりました。

 

まずは「顔認証データを廃止し、利用者10億人の顔データを削除」に始まり、次いで「Metaがクリエイター向け“Apple税”の回避ツール提供を開始」「VRフィットネスアプリ『Supernatural』のWithinを買収へ」「スマートウォッチ開発中」「VRは『Meta Quest』へ名称変更で『Oculus』ブランド消滅へ」などなど、傷ついたブランドを入れ替え、新たなコミュニケーションのUIへ、そしてユーザーを知るための情報の多様化を進めながら、仮想現実へのコネクションでシェアを取りに⾏こうと頑張っていこうと躍起になっています。

つまり、仮想現実を入り口にした、スマホそのものの代替にしたいと考えているのでしょう。

関連記事

おすすめの記事