2021.11.18
# 不動産

高級マンションを支配する“女理事長”の「ヤバすぎる横暴」、住民は大損をこうむった…!

ある高級マンションの理事長の座を得た山岡アケミという女性。必要とは思えない工事を発注するなど、好き勝手をし住民に損害を与えていたが、その行いはさらに横暴をきわめていく。

【前編】「高級マンションの女理事長が、管理組合で「好き放題」…住民が大損した「ヤバすぎる5年間」

〔PHOTO〕iStock

大規模修繕の時期が…

そして極め付けが築10年目での早すぎる大規模修繕の提案だ。

「この事業計画は、当時、修繕積立金が7000万円しか貯まってないにもかかわらず、1億円規模の修繕をする計画だったのです。不足分の3000万円は銀行から借り入れして賄う計画でしたが、結局は大半の住民は『そんなものか』と受け入れてしまい、その年(築9年目)の総会で決定してしまったのです」(藤川さん)

さすがにこの早すぎる大規模修繕計画により、藤川さんなど一部区分所有者が反発し、計画の撤回と理事長の解任を求めた。有志を集め、『マンションを守る会』を立ち上げたのだ。

関連記事

おすすめの記事