火葬した子供と“しりとり”をしたら…火葬場職員が心底震えた衝撃体験

「火葬場で働く僕の日常」無料公開

これまでに1万人のご遺体を見送った下駄華緒さんが火葬場職員時代の体験を明かし、注目を集めているYouTubeチャンネル「火葬場奇談」。その壮絶な体験は「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(原案:下駄華緒/漫画:蓮古田二郎)として漫画化も果たしている。

記事前編では、「子供の火葬が一番つらい」と述懐する下駄さんが体験した不思議なエピソードを紹介した。幼い子供の火葬を泣きながら終えた下駄さん、彼を待ち受けていた事態とは、いったい何だったのだろうか――。

「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(竹書房)
 

小さな棺が運ばれてきて…

その日、下駄さんの働く火葬場に運ばれてきたのは、大人の物の3分の1くらいしかない小さな棺だった。お骨上げの担当は下駄さん。これも一流の火葬技師になるための一歩なんだと言い聞かせるも、実際に火葬を目の当たりにするとかわいそうに思う気持ちが溢れ出してしまった。

「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」より

涙は出てしまったが、何とかミスもなくその日の仕事は終わったという。だが、その日下駄さんが見廻り当番で遅くまでのこって火葬場内を点検していた時、それは起きた。

関連記事

おすすめの記事