「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(竹書房)

「子供の火葬が一番つらい…」火葬場職員が思わず涙した真夜中の衝撃体験

「火葬場で働く僕の日常」無料公開

これまでに1万人のご遺体を見送った下駄華緒さんが火葬場職員時代の体験を明かすYouTubeチャンネル「火葬場奇談」が注目を集めている。その壮絶な体験は「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(原案:下駄華緒/漫画:蓮古田二郎)として漫画化され、即刻重版の話題作となっている。

「火葬場職員は人生の締めくくりをしてあげられるすばらしい仕事」と熱い気持ちを抱き火葬場の門を叩いたという下駄華緒さん。しかし、彼を待ち受けていたのは、火葬場で日々起こる驚愕の出来事だった――。

「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」(竹書房)
 

火葬の夜に起きた不思議体験

本記事では、下駄さんにとって忘れられない不思議なエピソードを取り上げる。

「人間は生まれたからには死んで行く。それが命のさだめです。受け入れるしか仕方ない。けれど子供は…子供の死だけは、それがその子のさだめとは僕には到底思えません」

そう下駄さんは述懐する。

その日、下駄さんの働く火葬場に運ばれてきたのは、大人の物の3分の1くらいしかない小さな棺だった。嘆く親族の姿を見て、下駄さんと先輩は「子供の火葬が1番つらいね」とうなだれる。

「最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常」より

お骨上げの担当は下駄さん。これも一流の火葬技師になるための一歩なんだと言い聞かせるも、実際に火葬を目の当たりにすると(ああ…そんなにこっちを見ないでおくれ)(ダメだ、やっぱり泣いちゃう…)(なんて小さい骨なんだ…)と、かわいそうに思う気持ちが溢れ出してしまった。

涙は出てしまったが、何とかミスもなくその日の仕事は終わったという。だが、その日下駄さんが見廻り当番で遅くまでのこって火葬場内を点検していた時、信じがたい出来事が起きた――。

記事後編【火葬した子供と“しりとり”をしたら…火葬場職員が心底震えた衝撃体験】に続きます。

関連記事

おすすめの記事