「モラハラ夫」と離婚したい32歳の妻が、夫にあえて「慰謝料」を請求しなかった意外なワケ

後藤 千絵 プロフィール

梨乃さんは拓己さんとの離婚調停と不倫相手への慰謝料請求を当事務所にご依頼され、お帰りになられました。

早速、拓己さんの不倫相手に内容証明で慰謝料請求をしたところ、内容証明が届いたその日に不倫相手の女性から事務所に電話がかかってきました。

自宅には行きたくていったわけではないと言い訳めいたことをおっしゃっていましたが、一方で同じ女性として大変申し訳なく思っていると泣きながら謝罪をされ、慰謝料として250万円を支払うということで話がつきました。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

どうやってお金を工面したかはわかりませんが、合意書を交わした後、すぐに250万円が一括で入金されました。

「夫が支払ったのかもしれません、ただ、もう離婚するので気にしないことにします。私と子供たちのために使います」と梨乃さんは仰っていました。

ここで、不倫慰謝料の合意書についてご説明します。

一般的に合意書には、接近禁止条項や第三者への口外禁止条項とは別に「求償権放棄の条項」を入れることがあります。

不貞行為をした夫と不倫相手は共同不法行為者となり、原則として半分ずつ責任を負います。例えば不倫相手の女性が慰謝料として妻に250万円を支払った場合には、その不倫相手は夫に負担分である125万円を請求できます。これが「求償権」です。

関連記事

おすすめの記事