# 不倫

夫に内緒で借りた「秘密の書斎」で密会…40代妻が初めて心を開ける“大事な人”

夫以外の男性と過ごして気づいたこと

不倫相手の上司に急に別れを突きつけられ、失意の中で6歳年上の職場の先輩・健司さんと結婚した吉田真希子さん(44歳・仮名=以下同)。29歳で長女を31歳で長男をもうけたものの、夫との“価値観のズレ”が年々大きくなってきたのは前編〈不倫した上司に裏切られ「職場の先輩」と結婚したけど…防げなかった「夫婦の価値観のズレ」でお伝えした。コロナ禍で夫と顔を合わせるのも嫌になった真希子さんは、意外な行動に出るのだった。

結局、ワンオペでしのいだ日々

子どもがふたり、典型的な「家庭」をもった真希子さんだが、それからも夫とはどこか関係がギクシャクしていた。

「無意識かもしれないけど、彼はやはり心のどこかで私の“先輩”なんでしょうね。私には結婚したときから、そういう意識はなかったけど。だから私が自分の意見を主張すると、『真希子は偉そうだよな』とぽつりと言う。夫と妻なんだから、同じ目線で話して何がいけないのかわからなかったけど、後輩に家であれこれ指示されたりするのが嫌だったのかもしれません」

Photo by iStock

それでもふたりで協力しなければ子どもは育てられない。ときに義母が手伝うとやってきたが、口移しにものを食べさせたり、必要以上に甘い物を与えたりすることに彼女が耐えられなくなり、義母を拒絶した。そこから夫との間に新たな軋轢が起こったのはいうまでもない。

ふたり目を産んだあと、彼女は転職した。先に転職していた同期が「こっちに来れば? 女性が働きやすい企業だから」と紹介してくれたのだ。面接を受けて合格。夫には事後報告になった。

「それも夫には嫌だったみたいですね。どうして相談しないのか、と。転職しようかと思うという話はしていたんです。でも紹介されてすぐあっけなく決まったし、私自身の仕事ですから自分で決めるのが筋だと思ったし」

 

夫は「何でも自分で決めていく妻」が物足りなかったのかもしれない。もっと頼られたかったのではないだろうか。

「それはあるかもしれません。だけど、あくまでも『自分が対処できる範囲で頼ってほしい』だけなんですよね。夫はキャパが狭いから、案外、いろいろなことに対処できない。自分ではしているつもりかもしれませんが。あとから考えると、仕事でも、いくつものことを同時進行できない人だった」

年下の妻が、精神面でも現実への対応面でも、夫を追い越してしまったのではないだろうか。

夫は「ふたりで忙しい思いをしながら協力して、子どもたちを育てた」と対外的によく言っているそうだ。だが、真希子さんは内心、「結局はワンオペだったよ」とつぶやいている。

「夫がきちんとやったのはゴミ出しと風呂掃除だけ。日々の食事から子どもの世話にいたるまで、ほとんどワンオペでしたよ。そこの洗濯物を畳んでおいてと言えば、夫はやってくれたけど、それだけ。次に洗濯物が山になっていても、また言わないとやってくれない。どうして学ばないのかとよく思っていました。面倒だから自分でやったほうが早い。いつも結論はそうなるんですよね」

夫を諦めたので楽になったと真希子さんは笑った。

関連記事

おすすめの記事