武家政治の開拓者、源頼朝と北条義時の実像に迫る

最高権力者に上り詰めた2人の素顔
呉座 勇一 プロフィール

頼朝と義時の相違点

もっとも、頼朝と義時には大きな相違点がある。身分である。伊豆の流人として挙兵したとはいえ、流罪になる前の頼朝は京都育ちの名門武士であり、貴族社会の一員であった。そうした高い身分・出自が備わっていたからこそ、頼朝は朝廷に対して巧みな政治的交渉を行うことができたのである。朝廷と対立して自滅した木曾義仲きそよしなかとは対照的と言える。

けれども、貴族的であるがゆえに頼朝には限界もあった。朝廷に仕える「王家の侍大将」という自己認識が強く、朝廷と大きな軋轢あつれきを起こしてまで武士たちの権利を擁護するという意識は希薄だった。

結果、鎌倉幕府成立後も、公家が武家に優越する体制は続いた。この体制を覆したのが承久の乱であり、その勝者が義時である。東国武士として生まれ、かつ義兄頼朝の政治(と権謀術数)を学んだ義時という人物が、頼朝の後継者として必要だった。

鎌倉・鶴岡八幡宮(Photo by gettyimages)

武士一般の利益を代弁する組織としての鎌倉幕府が成立するには、頼朝と義時という2人の政治家が不可欠だった。どちらか1人だけでは不十分なのだ。本書が武家政治の創始者として、頼朝と義時の2人を取り上げる所以である。

もう1つ見落としてはならないのは、単に冷酷で謀略に長けているだけでは、権力の頂点に登ることなどできないという点である。

冷たいだけ、恐れられるだけの自己中心的な人間は、決して人の上には立てない。本書で縷々るる触れるように、頼朝・義時には情に厚い面があった。さらに、彼らの性格以上に重要なのは、彼らの政治姿勢が時代の要請に合致したという事実である。2人の政治活動は決して私利私欲に基づくものではなかった。

 

なぜ日本では武士優位の社会が生まれたのか

治承・寿永の内乱や承久の乱は、「朝廷に対する武士の独立戦争」と表現できるほど単純なものではない。しかしながら、武士がその実力に見合った政治的・社会的評価を受けていなかったことは事実である。

治承・寿永の内乱や承久の乱といった戦争を経て、武士が政治的・社会的に正当に位置づけられるに至った。治承・寿永の内乱の勝者である頼朝、承久の乱の勝者である義時の功績は測り知れない。

もちろん、平氏政権の方向性で武士たちの権利が擁護された可能性はある。だがともあれ、現実の歴史は、鎌倉幕府の成立・発展というかたちで武士の政治的・社会的地位を高めた。頼朝・義時に「武士の世をつくる」といった明確な政治理念はなかったと思うが、 彼らの行動は結果的に武士たちに多大な利益をもたらし、ゆえに同時代の武士たちからは慕われたのである。

中国や朝鮮半島の王朝は原則的に文官優位であった。なぜ日本では武士優位の社会が生まれたのか。この大きな謎は歴史学界でも十分に解き明かされているとは言えないが、源頼朝と北条義時の政治的軌跡を追うことで、何らかのヒントをつかむことができるかもしれない。

本書は伝記、偉人伝のスタイルをとらず、彼らが朝廷、貴族社会といかに対峙し、武家政治を切り開いていったかという点を重視する。公家と武家の対立関係を宿命的なものとみなす公武対立史観にとらわれず、朝廷と交渉しつつ、したたかに武士の権利を拡大していった2人の奮闘にご注目いただきたい。

関連記事