今年7月にリリースされ、すでに世界で大ヒットしているザ・キッド・ラロイとジャスティン・ビーバーのコラボ曲『STAY(ステイ)』。チョコレートプラネットの松尾駿が同曲にのせてひたすらレゲエ風のダンスを踊っているMVが、先月の公開以来、ネット上で話題を呼んでいる。

このMVは、ソニー・ミュージックが日本向けの宣伝のために制作したものなのだが、松尾の味わい深い表情とその踊りのシュールさから、「いつまでも見れる」「中毒性がある」と多くの人の心を捉えているようだ。

実はこれは、レゲエ音楽が大好きだという松尾が過去に生み出した「松尾アンダーグラウンド」というレゲエダンサーのキャラで、2008年末に放送されたダウンタウンの「ガキ使」にも登場している。そのことを知る人は、「まさか、松尾アンダーグラウンドが海外の有名アーティストとコラボする日が来るなんて」と驚きのコメントを動画に寄せている。

松尾の踊りは、一見すると左右に体重移動しているだけの単調なものだ。にもかかわらず、なぜ多くの人の心を捉えることができたのか。K-POPからジャニーズまで、さまざまなアーテイストのダンスを解説するYouTubeチャンネルが人気のダンサーのARATAさんに聞いた。

-AD-

ダンスが映える体がある

「まず、足の置き場と対角線上にある肩のラインがきれいで、足のスタンスが広いにもかかわらず、一定のリズムでそれを左右交互に変えることができている。太ももの筋肉やヒラメ筋が発達しているように見えますが、もともとの下半身の強さと、曲のリズムをちゃんととらえる耳があるからだと思います」(ARATAさん、以下同)

ただ、筋力とリズム感さえあれば真似できるものでもないという。

「たとえば僕がまったく同じことをやっても、松尾さんのように人を惹き付けるものにはならないと思います。ポイントは、松尾さんの体つきです

ARATAさんいわく、松尾さんや渡辺直美さんなど、ダンスを習ったことがないのにダンスが上手く見える人には、「体格がいい」という共通点があるという。