2021.11.14
# ライフ

「ママは頭が悪いから専業主婦なんだよね」…息子まで歪めてしまった43歳夫の「ヤバすぎるモラハラ」

えいなか プロフィール

実家のことを馬鹿にされる

「彼のコンプレックスは、ダイレクトに子どもたちにも向きました。とにかく子どもの頃から勉強を徹底させられ、塾や習い事など、まさに詰め込み教育という感じです。私の実家はそういう感じではなかったので、びっくりしました。

もっと、放課後友達と公園で遊んだり、趣味のことをしたり、自由に過ごさせてあげたかったのですが、私が何かいうと『低学歴にはわからない』『お前の家もレベルが低いからな』などと馬鹿にされ、まるで意見を聞いてもらえませんでした。」

自分の実家のことを悪く言われることもとても嫌だったとA子さんは言います。ことあるごとに実家の「格」について意地悪なことを何度も言われたそうです。

[PHOTO]iStock
 

「子どもたちには常に『勉強でもスポーツでも一番になれ』『人に負けないものを持て』と言い、成績が悪いとご飯のおかずを取り上げたり、お小遣いを減らしたり、スポーツの試合でミスをすると『下手くそ!』『おれの子とは思えない、恥ずかしい』なんて、本当に酷いことを言うんです。

長期休みになると毎回遠出したがるのですが、子どもたちは本当に嫌がっていました。そもそも子どもたちの部活の都合を全て無視して、彼の仕事のスケジュール次第で日程を決め、絶対に変更を許しませんでした。友達とお祭りなどの行事にも参加できず、子どもたちには本当に悪いことをしました。

それに、旅行の時に子どもたちが立てたプランに少しでも問題や間違いがあるとものすごく不機嫌になり、良い思い出が全然ない家族旅行でした。父親の喜びそうな旅行先のアクティビティや観光名所を考えている子どもたちの必死な表情を思い出します。

やりたくもないピアノや水泳をやらされ、私もかわいそうなので子どもたちが休みたいと言うと連れていかず家でのんびりさせていたのですが、それをどこで知ったのか、彼は激怒して私は土下座させられました。悔しいのか悲しいのかわからず、涙も出てきませんでした……。」

その時と違い、いまのA子さんは涙を流してその話を振り返ります。当時は泣くことすら許されない状況だったのでしょう。

夫婦として対等に生きているはずが土下座をさせられるなんて、どれほど傷つき、泣いて良いほどの悲しみだったか。

関連記事