2021.11.14
# ライフ

「ママは頭が悪いから専業主婦なんだよね」…息子まで歪めてしまった43歳夫の「ヤバすぎるモラハラ」

えいなか プロフィール

仕事を一方的にやめさせられた

「私も押しに弱いところがあり、色々疑問や懸念はあったものの『こんなに私のことを好きになってくれる人も他にいないだろう』と思って結婚したんです。でも、それからどんどん幸せな時間より苦しい時間の方が増えていきました。

結婚してまず驚いたのが、強い専業主婦への希望があったことです。結婚前まではそういう話はあまりしていなかったのですが『女性には家に入って欲しい』『帰宅したら出来立てのご飯で迎えてほしい』などと言われてしまって。

職場の人間関係もよかったですし、まだ若かったですからあまり家の中に閉じこもっているのも楽しくないから働いていたいと言ったら『どうせ大したキャリアじゃない』『遊びのような仕事だろう』と言われて傷つきましたね…確かに彼の会社のように大企業ではないですが、自分なりにやりがいを感じていたので。」

そのときのことを思い出したのか、A子さんの声が少し震えます。自分が楽しんでいた仕事を軽く見られたことはとても悔しかったでしょう。

[PHOTO]iStock
 

「それに…これはちょっと言いにくいのですが、結婚してから避妊も一切してくれなくなりました。二人の時間も楽しみたかったし仕事もあったので子どもはすぐには考えていなかったのですが、彼は全く協力してくれませんでした。

でも拒否すると『俺を愛していないのか』とか『浮気してるのか』と怒鳴られたり、家の中で無視をされたり、冷たく当たられるので結局拒めず、最終的には彼の思い通り妊娠し、なし崩し的に仕事もやめることになりました。

仕事をやめてからは、ますます彼の暴力性が増していきました。彼はものすごくコンプレックスが強くて、いつも自分より先に出世した同僚や、自分を評価しない上司の悪口ばかり言っていました。そして決まって『お前はいいよな、家で主婦やってたらいいんだから』と言われるのが、本当に悔しかったです。」

A子さんは少し涙ぐみながら当時のことをお話しされます。

自分が避妊をせずにセックスを強要し、それによって仕事を辞めさせておきながら、一方で主婦は楽だと言われるのはどんな気分だったでしょうか。

関連記事