2021.11.14
# ライフ

42歳の妻が青ざめた…「専業主婦」を見下す43歳エリート夫のヤバすぎるモラハラ

えいなか プロフィール

「次男に会うために学校に行こうかとも思っているのですが、外聞もあるし悩んでいるうちに弁護士から連絡がきて離婚調停がどうとか、直接連絡を取ってはいけないとかなんとか、家族ですよ? こんなに頑張ってきたのにこんな酷い目に遭うなんて、未だに信じられません。

モラハラとかDVとか言ってますけど、半分以上でっち上げだし、一部該当することがあっても、どの家もそのくらいやってるようなことばかりで……相手の弁護士に慰謝料か何か目当てで色々吹き込まれているんでしょう。

謝って帰ってくるなら受け入れるつもりではいるんですが、弁護士とかも動き出してしまってあいつも引っ込みがつかなくなって困っているんじゃないかな。直接話せたらいいんですが、それは避けた方が良いようでイライラします。

特に下の子なんてもうすぐ期末試験ですから、こんなどうでもいいことで成績に影響しないかと思うと心配です。こういうことも含めて、あいつは全然子どものことを考えていないんですよね……いい加減にして欲しいです。

GADHAに参加して欲しいと言われたから来たものの、正直自分にはあんまり関係がないと思います。それでもなくとも仕事で忙しいのに、困ったもんです。」

[PHOTO]iStock

弁護士に対する怒り、そしてGADHAに来ていること自体にも怒りを覚えているような様子でした。どれだけの努力をしてきたのかと思うと、今の状況にそのような怒りを覚えることも自然なことかもしれません。

とはいえ片方からだけ話を聞いても確かなことは分かりません。子どもを連れて家を出たA子さんは、一体どのようにA男さんとの生活を振り返っているのでしょうか。

<【後編】「ママは頭が悪いから専業主婦なんだよね」…息子まで歪めてしまった43歳夫の「ヤバすぎるモラハラ」>では、妻であるA子さんからお話を伺います。そこで明らかになったのは、「遊びのような仕事だろう」「お前の家もレベルが低い」などと妻を見下す言動の数々。妻のみならず子どもたちまで歪めてしまったA男さんのモラハラの実態について語られます。

 

関連記事