2021.11.14
# ライフ

42歳の妻が青ざめた…「専業主婦」を見下す43歳エリート夫のヤバすぎるモラハラ

えいなか プロフィール

そういうA男さんは、さっきまでのポジティブで前向きな態度から一点、軽蔑したような、馬鹿にしたような語り口に変わっています。

「しかも、子どもたちの教育に関しては自分が主導していたんです。息子が2人いるのですが、どこの学校に入れるとか、塾はどこがいいとか。勝負は子どもの時から始まっているのに、妻はそういう教育を受けてこなかったですからね、わからないんですよ。

もちろんいわゆる勉強だけじゃなくて、いろんな体験もやらせてます。毎年キャンプに行ったり海に行ったり、海外旅行に行ったり。旅行のときなんか子どもたちにプランを立てさせるんです。子どものうちから主体的に情報を収集・分析・決定できる能力を育んで欲しいんですよね。いまは詰め込み教育の時代じゃないですから。自由研究なんかも一緒にやりますよ。

習い事もピアノに水泳など、学校でやるようなものをさせています。ああいうのってできないと格好悪いですからね。恥ずかしい思いをさせないためにそういうことを習わせるのも親の義務なのかなと思います。割と教育熱心な方かもしれません。

上の子はどうもイマイチなんですが、下の子が名門中学に合格した時は、うちの実家も大喜びで自分も鼻高々でしたね。やっぱり事前に戦略を立ててしっかりやれば結果が出るんだなと思います。」

そういうA男さんの鼻息は荒く、またポジティブで自信満々な語り方に変わっています。自分が努力していること、成し遂げてきたことを思うと誇らしい気持ちのようです。

 

怒りをあらわにするA男さん

しかし、ここでまた語りのトーンが一気に変わります。

「こんな感じで、仕事も『父親』も熱心にやってきたんですよ。だから、ある日家に帰ったら、妻も子どももいなくなっていた時は本当に驚きました。というか、いまでも正直信じられません。これだけ完璧にやってきたのに、一体何が不満なのか。

同年代の平均と比較したら給料だって2倍以上もらってるし、主婦させてあげているし、子どもの教育だって自分がやっているんですよ。

いくら連絡しても返事がないし、そもそも既読もつかないんです。相手の実家に押しかけたのですが、どうも論理的に話が通じないタイプの義実家なものですから、どうしようかと思っています。」

[PHOTO]iStock

がっかりしたような失望したような様子です。相手の家族について言及する際には明確な怒りと軽蔑が滲み出ています。

関連記事